インテル、CL、日本代表といったサッカーの話題を中心にお送りするカイのブログです。お笑いと音楽も取り扱ってます。今は移籍情報を追いかけています!

カイのナスガママBlog -the 2nd edition-

イタリアが終了間際のPKでオーストラリアをはねのける。 | main | イングランドがベッカムのFKでエクアドルを振り切る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- | |
カードが乱れ飛んだ試合、ポルトガルがオランダを下す。
2006 FIFAワールドカップ・ドイツ BEST 16
ポルトガル 1-0 オランダ



カードが乱れ飛んだ熱い試合。



両チームあわせてイエローカード16枚、退場者4名という記録といわくつきの試合。

両チームとも攻撃的に出てきました。
その攻撃的な精神がファウルという形で出てしまいました。
かなり危険なタックルや小競り合いの多い試合。
本来ならば主審が沈めなければならなかったのですが、それが出来ていなかったのが残念。
イエローカードの判定に関しては適切であったとは思います。


ポルトガルはグループリーグと同じく、デコ、フィーゴ、クリスティアーノ・ホナウドの3人が攻撃を組み立てていました。
この試合の唯一の得点、マニシェが決めてからもいい攻撃を仕掛けていました。
ただ、コスティーニャの退場後は引かざるを得ない展開。
それでも、ゴールを狙う姿勢は忘れず、追加点を狙っていました。
デコの退場後はとにかく守るだけ。
それが成功し、勝利を手にしました。


オランダは攻めているものの、決定力に悩まされていました。
ファン・ニステルローイを外し、カイトをスターティングメンバーに入れましたが、それも実らず。
後半のパワープレー時にはフェネホール・オフ・ヘッセリンクを投入したものの、彼も決めきれず。
チャンスを作ることが出来ていただけに残念な結果です。


準々決勝にデコがいないのは辛い。
その穴埋めをどう行うかが鍵となるでしょう。

ポルトガルは次の試合をどう戦うのでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

| Football(WC2006) | 00:37 | | コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Blog Pet

インテル解析
Counter
Campaigns


Blog Ranking
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
My Blog List

プロフィール

カイ

  • Author:カイ
  • Age : 23

  • Sex : Male

  • Job : Graduate Student

  • Favorite Teams : インテル、バレンシア、ミドルスブラ、マンチェスターU、セルティック、ガンバ大阪、オリックス・バファローズ

  • Hated Team : メレンゲ

  • Favorite Players : サネッティ、レコバ、ヴィエリ、アドリアーノ、エムレ、アイマール、アジャラ、ミスタ、メンディエタ、バラック、シュヴァインシュタイガー、二川、宮本、遠藤、大黒、奥、谷、金田

  • Hated Player : スキッパのデブ(バツ1)

  • Mail : internationale@excite.co.jp

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。