インテル、CL、日本代表といったサッカーの話題を中心にお送りするカイのブログです。お笑いと音楽も取り扱ってます。今は移籍情報を追いかけています!

カイのナスガママBlog -the 2nd edition-

Group H、フランスがトーゴを下し、決勝Tへ進む。 | main | カルチョ不正疑惑、第10弾。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- | |
Group H、ウクライナがチュニジアを下し、最後の椅子に。
2006 FIFAワールドカップ・ドイツ グループリーグ Group H
サウジアラビア 0-1 スペイン
ウクライナ 1-0 チュニジア




最後の一枠をかけた壮絶な争い。



ウクライナが最後の切符を手にした最終節。

ウクライナとチュニジア、ともにチャンスを多く作り出していた試合。
両者ともなかなかゴールを割れないもどかしい状態が続きました。

拮抗した状態からウクライナへ流れへ流れが傾いたのが、チュニジアのジャジリの退場。
一人少なくなってからはウクライナがやや押し気味で試合を展開するようになる。

そして、終盤71分にシェバが自ら得たPKを決める。
これが決勝点となる。


物足りない試合内容のウクライナ。
決定機を外し、守備も散漫。
この状態ではグループリーグを勝ち進むのは難しいか。


スペインは順当にサウジアラビアを下しました。

スペインは全試合とメンバーを入れ替え、サイドアタックを中心とした構成としました。
それが機能し、スペインの戦い方の広さが出た試合となりました。

アジア勢には苦しいワールドカップとなりました。


これで決勝トーナメント進出は、
1位 スペイン
2位 ウクライナ

となりました。
スポンサーサイト

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

| Football(WC2006) | 23:59 | | コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Blog Pet

インテル解析
Counter
Campaigns


Blog Ranking
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
My Blog List

プロフィール

カイ

  • Author:カイ
  • Age : 23

  • Sex : Male

  • Job : Graduate Student

  • Favorite Teams : インテル、バレンシア、ミドルスブラ、マンチェスターU、セルティック、ガンバ大阪、オリックス・バファローズ

  • Hated Team : メレンゲ

  • Favorite Players : サネッティ、レコバ、ヴィエリ、アドリアーノ、エムレ、アイマール、アジャラ、ミスタ、メンディエタ、バラック、シュヴァインシュタイガー、二川、宮本、遠藤、大黒、奥、谷、金田

  • Hated Player : スキッパのデブ(バツ1)

  • Mail : internationale@excite.co.jp

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。